■yoyoの"あなたが稼ぐメルマガ"

購読用フォーム

■えっ!ボタンを押すと2,000円!?

ボタンを押すだけで2,000円ゲット!!


簡単ボタンを押すだけで2,000円!!

■ロバート・キヨサキ
■お宿のご紹介
■カテゴリー
■お探しものは?

■最近の記事
■40過ぎのウダウダリーマン

貧乏暇なし!

yyoshi

Author:yyoshi
FC2ブログへようこそ!

なにもなし!

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■いらっしゃいませ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■QRコード

QRコード

■SEOって?
■えっ!?
■メルマガ解除フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
がん患者学〈2〉専門家との対話・闘病の記録 |柳原 和子
がん患者学〈2〉専門家との対話・闘病の記録がん患者学〈2〉専門家との対話・闘病の記録
柳原 和子
中央公論新社 刊
発売日 2004-04




患者による患者学のはじまり。 2005-07-15
 ちょうど、2000年7月、この書の原本(600頁で2400円)が晶文社から登場したときに私は喝采を送った。
 「患者による患者学のはじまり」
 第3部の「再生-私とがん」には特に注目した。この人の母が四十七歳の時に卵巣癌と診断され闘病生活の末亡くなったこと。ノンフィクションライターとしてひたむきに仕事しつづけながら、母と同じ運命をたどるのではないかという不安をもっていたこと。更に、幼いときより母のいとこで「癌には個性がある」と主張していた医学者佐藤博氏の影響を受けていたこと。私は、彼女の過去の書物をすべて入手し読んだ。家族のきずなの強さを感じた。 早期発見・早期治療はベストという庶民のもっている先入観は、近藤誠氏の「がんもどき理論」により突き崩された。良心的な医師も動揺していた。そして、ホスピスの登場。更に在宅で死を迎えたいという希望。それにつきあうよと言ってくれる医師たちの登場。
 帯津良一氏を頂点とする代替医療の大流行。これでいいのか。疑問であった。
 癌告知を受け、「あとどのくらい生きることができるのですか。私にはまだやらないといけないことがあるのです」と問うても、無言で黙りこむホスピスの医師。何らの希望の言葉も出てこない状況。それが現在である。
 
 がん患者は医師たちにわが身をゆだねるのではなく、自らの病を癒す方法を選択しなければならなくなった。
 がん患者として闘病しつづけている柳原和子は「長期生存をとげた患者に学ぶ」(原本の副題)という立脚点を見いだした。まさしく、長期生存している患者はいるのだ。今、あらゆるところで「がん告知」をされ絶望している大勢の人たちに勇気をあたえる書である。いや、彼女の生き方そのものが人とがんの関係を新しく見直してくれるかもしれない。講演、テレビ出演、雑誌原稿獅子奮迅の社会的活動。心配しているのは私だけではないだろう。文庫本になって良かった。彼女の生活の経済的心配をしていたのだから。
 がんは我が身体のある細胞の遺伝子が何らかの原因で傷つき細胞増殖を止めることができなくなった自然な現象。
 それでも、私たちはがんを病と言い、どこかでおりあいをつけようとしている。
原因究明は進めどもそれは治療とはつながらない。


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト


テーマ:病気と闘う - ジャンル:本・雑誌

書籍 | 19:00:00

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。