■yoyoの"あなたが稼ぐメルマガ"

購読用フォーム

■えっ!ボタンを押すと2,000円!?

ボタンを押すだけで2,000円ゲット!!


簡単ボタンを押すだけで2,000円!!

■ロバート・キヨサキ
■お宿のご紹介
■カテゴリー
■お探しものは?

■最近の記事
■40過ぎのウダウダリーマン

貧乏暇なし!

yyoshi

Author:yyoshi
FC2ブログへようこそ!

なにもなし!

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■いらっしゃいませ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■QRコード

QRコード

■SEOって?
■えっ!?
■メルマガ解除フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
博士の愛した数式 |小川洋子
博士の愛した数式博士の愛した数式
出演:
角川エンタテインメント
発売日 2006-07-07


小川洋子原作の同名小説を映画化。タイトルどおり数学の「数式」が登場するのだが、できあがった映画は“理系”よりも“文系”の印象。全編に、メランコリックで心地よい空気感が漂っている。交通事故の後遺症で、80分しか記憶が持たない博士の元に、新しい家政婦がやって来る。やがて彼女の息子も訪ねて来るようになり、博士は息子の頭の形から彼をルート(√)と呼び、3人の絆は深まっていく。
物語は、成長して数学教師になったルートが、授業で教えるシーンと並行して進んでいく。「素数」「完全数」といった数学嫌いの人には頭が痛くなる単語も、博士のシンプルな説明で、すんなり耳に入ってくるから不思議。それは大人になったルートの授業でも同じで、演じる吉岡秀隆の真摯な教師ぶりに引き込まれるのだ。博士とルートのドラマには、阪神タイガースなどのネタを効果的に使用。ドラマチックな何かを期待して観ると肩すかしを喰らうが、ほんのりと温かい後味は得られる。それは小泉堯史監督の持ち味でもある。(斉藤博昭)


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト


テーマ:邦画 - ジャンル:映画

DVD | 16:40:00

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。